WAFやその他のものを導入しよう|ノーガード戦法は危険!

IT

情報を防御

システム

多くの企業がインターネットを利用しています。そのインターネット内にサイトを立ち上げて情報を提供している企業もたくさんいます。ですが、その立ち上げたサイトにウイルス攻撃をして企業の大事な情報を流失させるという事件もあります。このような被害に遭わないためにもWAFを導入しましょう。このWAFを導入することで様々なメリットが得られます。例えば、運営しているサイトの脆弱性診断を行なってくれるというメリットがあります。この脆弱性診断を受けることで、ウイルス攻撃を受ける可能性を下がることができます。また、多くの企業がWAFを導入する意味はないと考える傾向にあります。なぜかというと、WAFはサイトの侵入されにくくするためだけのものであり、ウイルスからの攻撃を防ぐことはできないと考えている人もいるからです。実際は侵入されにくくすることもでき、更にウイルスからの攻撃も防ぐことができるため、サイトを運営している企業にとっては必要なものと言えるのです。他にも、サイトの開発をプロにお願いしているから問題ないと考えている人もいます。ですが、サイトを開発してくれるプロはセキュリティに関する強化をあまり行なってくれる訳ではありません。そのため、サイトのセキュリティ面は、企業側がしっかりと管理する必要があるのです。このようにWAFを導入することの大切さを十分にあると言えます。他にもWAFを導入することで得られるメリットはあるため、導入するか迷っている人はメリットについての情報を集めてみましょう。