WAFやその他のものを導入しよう|ノーガード戦法は危険!

IT

種類と効果

システム

多くの企業の助けとなるのがWAFです。このWAFを導入することでWebアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃をガードすることができます。このWAFのWebアプリケーションの脆弱性を狙って行われる攻撃をなぜ把握できるかというと、WAFはシグネチャに基づいた行動をしてくれるからです。このシグネチャとは、脆弱性を狙って攻撃をする手段や不正アクセスの手段などを把握しているデータのことです。つまり、シグネチャの基づく行動をすることで侵入を行なう行動をとっているということを素早く判断することができると言えます。他にも、WAFにはホワイトリストと言われる防御方法も行われています。このホワイトリストとは、シグネチャとは逆に正常な通信で行われているかをチェックする方法となっています。正常な通信方法を把握することで、正常とは違う通信を感知しやすいようになっているのです。また、WAFはWebアプリケーションに特化しているセキュリティ向上になるため、ホワイトリストはWebアプリケーションにのみ機能するものです。他にも、WAFのようにセキュリティを向上させることができるシステムがあります。それはIPSです。このIPSは多様なアプリケーションの攻撃を防いでくれるものです。不正にアクセスをして通信を利用されることを避けるためにも、IPSを導入することが大切です。また、IPSもシグネチャに基づく防御を行なってくれます。最後にFirewallというセキュリティ向上をするものもあります。このFirewallは通信をしている送信元の情報と送信先の情報の検査をして防御をしてくれるものです。このように、様々なもので情報のカードを行なってくれるため、導入しないのは危険であると言えます。